難しくないcrmツールの特徴とメリット

難しくないcrmツールの特徴とメリット

ビジネスの分野において重要だとされている概念の1つに、crmがあります。これはcustomer relationship managementの略で、日本語では「顧客関係管理」などと呼ばれています。顧客情報を管理することの重要性はビジネスにおける古くからの常識となっていましたが、顧客関係管理ではそこからさらに一歩進み、それらの情報を適切に活用して顧客との良好な関係を維持・発展させることを目指します。現在では、crmを効率的に運用するためのツールが数多く開発されています。中には非常に専門的なものもありますが、初めて触れる人でもすぐに使いこなせるうえ、他の業務の効率化にも役立つような便利な製品も少なくありません。業種や事業規模の大小を問わず、導入することでいろいろなメリットが期待できます。

可視化しやすくバリエーションも豊富

顧客情報を有効活用する際に重要なポイントの1つに、さまざまな営業データを可視化するということが挙げられます。一覧表形式は言うまでもなく、グラフとして図示したり、それらをもとにレポートを作成したりすることで、多角的な検討が可能になります。操作性に優れたツールであれば、こうした作業を汎用的な表管理ソフトよりも簡単に、かなり直感的な操作によって行えるようになっています。取引実績の推移といった基本的なデータはもちろん、季節ごとの変動要因、一定期間経過後の残存率、顧客生涯価値(LTV)などを簡単に算出することが可能です。こうしたデータを分析しやすい状態に加工し、可視化することで、既存の顧客はもとより、潜在的な顧客に対するアプローチの手法を考えるための参考資料とすることができます。

他の関連業務とも簡単につながれる

使い勝手の良いcrmツールの特徴としてもう1つ挙げられるのが、他のアプリケーションとの連動性が高いことです。顧客との良好な関係を築くには、緊密に連絡を取り合ったり、随時あるいは定期的にキャンペーンを実施したりすることが重要です。その際、電子メールの一斉配信やダイレクトメールの宛名作成といった作業と管理している顧客データを連動させることができれば、業務を効率化することが可能になります。また、請求書の管理などとも連動させれば、経理事務の省力化というメリットも得られます。優れたcrmツールであれば、こうした他の関連業務ともシームレスにつながるような機能を備えているため、導入することで作業工程が増え、却って複雑化させてしまうといった懸念がありません。