こういう企業はcrmツールを導入した方がいい

こういう企業はcrmツールを導入した方がいい

マーケティング活動は、これまで担当者の経験や勘に基づいて進められるのが一般的でした。それゆえに、担当者の手腕によるところが大きく、横のつながりが薄く非効率的に進められているという課題がありました。そのような中でマーケティング活動に対しても自動化の波が訪れていると言われています。つまり、これまで人の手で行ってきたさまざまな分析や判断にツールを活用するケースが増えています。そしてその中でも近年注目を集めているツールに「crm」があります。一方で、類似のマーケティング手法にはそのほかにも「ma」や「sfa」などさまざまなものがあります。そのため、各技術の特徴を理解したうえでそれら最適な場所に適応するという部分はまだまだ人の判断で行っていく必要がある点には注意が必要です。

そもそも「crm」はどんな技術なのか

そもそもマーケティング活動の手法として近年注目を集めている「crm」は、「Customer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)」の略称で、その役割を端的に説明すると客との継続的に良好な関係を構築することを手助けしてくれるツールと言えます。その具体的に行う内容としては、商品購入後の営業担当のアプローチ履歴やその顧客のほかにどんな商品の購入履歴をもっているか、また購入に際してどんな感想や要望、苦情を寄せている感度の情報を管理し、単にそれら管理するだけでなくこれまで蓄積したノウハウをもって分析することで既存顧客のニーズに沿ったアプローチをはかる、というものになります。これにより、利益の最大化が見込まれます。

その導入を検討すべきタイミングとは

そんな「crm」ツールの利用をおすすめしたいタイミングは、一度顧客になってもすぐに解約などで離れてしまう割合が多い時やリピーターを増やしたい、あるいは顧客との継続的な関係を構築することでより一層の収益の増加を見込めるときなどがあげられます。みなさんも身をもって実感している通り現代はさまざまな商品やサービスが溢れかえっている状態です。そのような中で新規顧客を獲得したり一度関係がなくなってしまった顧客を取り戻すことは非常に困難と言えます。それゆえに、商談が成立し顧客となってくれた人に対して継続的にフォローを行うことで、最大限その利益を生み出してくれる優良顧客に育成するうえで本手法は欠かせません。顧客に関する情報を細分化し、セグメントに合わせた適切なマーケティング活動を実現したいときにはぜひその導入を検討してみることをおすすめします。